散歩で出会う植物。

ここは標高700メートル。
当然涼しい所だと思っていましたが、高いところだけあって太陽が近い。
陽射しは目が痛くなるほど眩しいです。
そして暑い。
梅雨とは名ばかりです。

私は持参した風邪薬が底をついた途端、咳が止まらなく、眠れぬ夜を過ごしました。
ここの恐いところは急病になっても救急車が来れず、直ちにドクターヘリ要請となるところ。
なので本日は無理せずお休みしています。

昨日ぐるっと集落を歩いて回った時に見かけた花をご紹介します。
ちょっと前まではこの斜面はリンゴ畑でうめつくされていましたが、今は引き継ぎ手が減って数軒の畑のみ。
その代わり紫色の花が沢山咲くようになりました。
e0331179_15184474.jpg

アップにするとこんな花。
e0331179_1521687.jpg


どの民家も庭先にはいろんな種類の花を咲かせています。
変わった色のジャーマンアイリス。
e0331179_1521528.jpg

実際はもっとチョコレートに近いアンティークな色合い。

びっしり地面のあちこちに生える白い花。
e0331179_15235189.jpg


白い花と言えばこんなのも。
e0331179_15243544.jpg


カラットした高原の空気に、ハーブがよく育ちます。
e0331179_15265394.jpg

猫も昼間は涼しい所でノンビリのびています。
e0331179_15302457.jpg


そういえば、ケーンケーンと遠くでキジが鳴いているな、と思ったらそのあとで目の前をまるでニワトリかのようにキジが横切って行きました。
猪も鹿も猿もいる自然豊かなところです。
[PR]
by NecotaToran | 2013-06-03 15:07 | 四方山話

神奈川の東の小さな庭で育てる植物の観察日記


by NecotaToran
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る