せっかちすぎる朝顔

アーリーヘブンリーブルーは蔓のよく伸びるタイプの朝顔だと聞いてはいました。
その上このところのぐずついた天気のせいもあってか徒長がひどく葉と葉の間が15センチというなんとも間延びした育ちぶりになってしまっています。

葉が4,5枚になった時点で親づるの芯を止めてしまい脇芽をどんどん伸ばしていく予定でした。
(子づる、孫づるの方がよく花がつくらしいので)
当初の予定↓
e0331179_1829980.jpg



3株植えたので両脇にも同様に。
この方法なら一株がよく分岐してびっしりとグリーンカーテンになってくれるはずでした。
しかし、蔓ばかりがヒョロヒョロのびてこの網の升目と同じくらいの間隔でしか葉がついてくれません。
しかも一番上の脇芽しか伸びてくれないので1+1=1の状態。

脇芽は伸びないくせにしっかり蕾はついてしまっています。
e0331179_18205371.jpg


このままではグリーンカーテンどころかグリーンラインにしかならない(汗)
困り果ててネットであれこれ検索していると、
「蔓を横に這わすと脇芽が上に向かって伸びやすい」との情報があったので、一番伸びている脇芽を写真のように蛇行させてみることにしました。
e0331179_18234457.jpg


これでだいぶ時間が稼げそうです。
うまく脇芽が伸びてくれてこのスカスカの穴を埋めてくれたらよいのですが。

にほんブログ村 花ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by NecotaToran | 2013-06-22 18:36 | アーリーヘブンリーブルー

神奈川の東の小さな庭で育てる植物の観察日記


by NecotaToran
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る