花ガラ摘みが忙しくなってきました

春一番の後は必ず寒い日があるとは聞きますが、
一度暖かくなるとちょっとの寒さが堪えますね。
そんな日には家にこもって数日前までのビオラの様子などをまとめてみました。

1つ98円のビオラ、がんばってます。じわじわ花数が増えてきました。

ちょっと嘘っぽい青になってますが、本当は青みがかった薄紫です。
花首が伸びなくてなんかとっても不恰好。
キュートなルックスで結構期待していただけにちょっとがっかり。
気温とともに伸びてくれるか!?
e0331179_1671886.jpg


最初から花つきが良かったけど、ますます株も大きくなり花数も倍に。
ふんわり系のかわいいお嬢さん。
e0331179_16103112.jpg


こちらはよく咲くスミレのカシス。
実はそんなに数多くさいてるわけじゃないけど、顔が大きいからにぎやかに見えている。
e0331179_16144254.jpg


壁にかけた状態だと下に水がじゃーっと流れて、花壇のヤグルマギクが可哀相なことになるのでいちいち外して水遣りをするのが実はちょっと面倒くさかったりします。
e0331179_16183565.jpg
こうしてみると植えつけたばかりの頃より結構大きくなってますね。


それから昨年育てたビオラから取った種から育てた苗ですが、ちらほら花が咲き始めました。
e0331179_1622512.jpg
パソコンの画面からでもお分かりいただけますでしょうか。
同じような紫ですが、微妙に違っているのが。
紫式部と呼んでいた濃い紫のビオラは少しだけフリルがかった紫の花弁で親の遺伝子をしっかり受けついでいるようです。

そこに若紫と呼んだ青紫のものを掛け合わせたもの(写真左上)は同じ紫でもほんの少しだけ青みがかっており、ブロッチと呼ばれる模様が花の中央に入りました。
これはもともと両親にはない特徴でしたが、なぜか子供に突然入りました。
不思議ですね~。

若紫の直系の子供は写真の3つの紫の中でも一番青が強いですが、親が持っていた水彩絵の具をぼかしたような風合いは受け継いでいないようで、ちょっと残念。

まだ開花していない株が沢山あるので、これから新たな紫ビオラが出てくるか楽しみです。
しかし紫ばっかりか...(汗)
先祖がえりして三色になったりしないかなーなんて思ってたんですが、紫遺伝子、結構強いみたいです。

しかし、よくまあこんな小さな株に花が咲いたもんだ。
このコンパクト感、大好きです。


にほんブログ村 花ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by NecotaToran | 2014-03-20 09:00 | ビオラ

神奈川の東の小さな庭で育てる植物の観察日記


by NecotaToran
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る