東南アジア生まれのバンちゃん

今年も兄夫婦から母宛に母の日と誕生日を兼ねてお花を頂きました。
じゃーん。
e0331179_11523810.jpg
タイで生まれて岐阜で育った洋らん「バンダ」。
植物園の温室でその顔中毛細血管みたいな姿に見覚えはあったから
家庭にやってくるような花ではないと思っていました。

洋蘭なんて高貴なお方、どう扱っていいものやら。
面白いことに鉢の中に土も水苔もなく、根っこがぐるぐるしてるだけ。
e0331179_14452143.jpg
インターネットで調べまくってお世話の仕方を勉強しました。
一日置きに根っこと茎葉に水をかけてやるのですと。
肥料は週一回水遣りの代わりに液肥を与えればよいと。
どうやら元々は木の幹にしがみついて育ってるらしく、暖かい6~9月なんかは
広葉樹の木の下に吊るしておいてもいいのだそう。

そんな木はうちにはないですし、うまく夏を越させられるのかとっても心配。
きっとお高い花なんだろう。
上手に育てれば年に2,3回花が咲くという。
手強いなぁ、バンちゃん。

一際家の中での存在感が大きいので、
通りすがりに当たって花が折れないように(既に一個落とした)
とっても過保護に育てられています。
毎朝「バンちゃん、おはよう」と声かけてます。
聞こえてるのかどうか知らないが、今のとこ機嫌よく咲いてます。


にほんブログ村 花ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by NecotaToran | 2014-05-16 15:03 | 母担当の植物

神奈川の東の小さな庭で育てる植物の観察日記


by NecotaToran
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る