ハーブの用土、覚え書き

ハーブって結構雑にしても育ってくれそうな植物ですが、
折角本借りてまで勉強しているので、今回はハーブ別に土をブレンドしてみました。
といってもそれ程厳密にではなく、臨機応変なアレンジもしてあります。

本によるとハーブの基本土は、赤玉(中粒) 7 : 腐葉土 3 が基本。
排水性を高めるときはパーライト、保湿性を高める時はバーミキュライトを混ぜたりすると
よいそうです。

そこで各ハーブの適正に合わせたブレンドを考えつつ、今うちにある腐葉土があまり良くなく
葉っぱの大きいざっくりタイプなので、腐葉土 3のところを(腐葉土 2+バーク堆肥 1)バージョンにしています。

《バジル》
水はけのよい腐植質に富んだ肥沃な土。
赤玉(中粒) 6 : 腐葉土&堆肥 3 : パーライト 1
e0331179_14410887.jpg

《ブラックペッパーミント》
水はけよく保水性のある土。
赤玉(中粒) 6 : 腐葉土&堆肥 3 : バーミキュライト
(バジルの残りを使ったのでちょっとパーライトも混じってた)
e0331179_14451483.jpg


《レモンバーム》
腐植質に富んだ肥沃な土。腐葉土多めがよい(らしい)
赤玉(中玉) 6 : 腐葉土 3 : 堆肥 1
e0331179_14500349.jpg


《セージ》
水はけよく、アルカリ土壌がよい。
赤玉(中粒) 6 : 腐葉土&堆肥 3 : パーライト 1 の土に苦土石灰少量混ぜ込む。
e0331179_14534565.jpg

《ローズマリー》
水はけ良ければそれでいい。やせてる土でも平気で育つ(経験則)
赤玉(中粒) 6 : 腐葉土&堆肥 3 : パーライト 1
e0331179_14565497.jpg

これらの適当ブレンドに元肥として有機緩効肥料をごく少量混ぜ込みました。
肥料と苦土石灰は本当は混ぜ込んで一週間とか寝かせないと根っこを痛めるという
園芸の常識がありますが、私はせっかちなのですぐ使っちゃいます。
今までそれで枯れたことはないです。(ちゃんと寝かせればもっと良い成長だったのかもしれないけど)

そんなこんなで新居に引っ越したハーブ、すごい嬉しそうに活き活きしてます。
見ているこっちも嬉しい気分になります。
今後の病害虫との戦いの前の束の間の充実タイム。
e0331179_14595681.jpg

*********************************************************


一昨日の種まきレース、

4コーナを周り最後の直線を1頭(粒)抜きんでたマリーゴールドっ!
このまま逃げ切れるかーーっ!!
e0331179_15043165.jpg


にほんブログ村 花ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by NecotaToran | 2014-06-10 15:15 | ハーブ

神奈川の東の小さな庭で育てる植物の観察日記


by NecotaToran
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る