秋のバラ。

前回の更新から二か月以上の月日が経ってしまいました。
その間夏に茂ってしまった植物を刈ったり抜いたり、花壇の土を作り直したり
地味な作業ばかりが続いていました。

秋の種まきのシーズンで本来ならワクワクしているはずなのに、
うちは冬の日照時間が極端に少ないのでどうやら種から育てるのには向いていないことが判明。
辛うじてそれでも育てられるヤグルマギク・スイートピー・ルピナスだけ
種を蒔くことにしてあとは球根と花苗で春の庭を作ることにしました。
その生育状況はまた追々記録していこうと思います。


話は変わりますが、この夏から近くのバラ園にお手伝いに行っています。
主な作業は草むしり・花壇の清掃・施肥・剪定、開園時期は花がら摘みや受付案内なども。

私自身バラはお嬢様だから手もお金もかかるので見る専門だと思って
数年前からぽつぽつ絶やしてしまい、うちには2種類あるだけです。
しかも野生の如く肥料も消毒もしない放置プレー。
それでも毎年春秋と二回きちんと咲いてくれますよ、バラ。
(これバラ園のスタッフに言ったらきっと嘆かれる)

そんな私なのでバラへの関心よりも地面を覆う雑草にばかり目が向いて
ひたすら黙々と鎌をふるっていたのですが、剪定を教えてもらって
その株が蕾をつけてくれたりすると現金にも可愛く思うもんなんですね。
昨夜少し雨が降ったので露に濡れていましたが、今まさに見頃となってます。
e0331179_14550223.jpg
e0331179_15014462.jpg

春は陽気に合わせてぱぁ~っと華やかに、花も大きくまさにベルばらの如し。
秋はしっとり色濃く小さめに咲くようです。
雨上がりのその色は妖艶なものもあればクラシカルで懐かしい感じもします。
e0331179_15021158.jpg

e0331179_15020379.jpg
e0331179_15021873.jpg
e0331179_15414607.jpg

春は気温が高くてお昼にはぶはっと咲き開いてしまいますが、
秋は午後になってもしゃんと咲いているし、日数的にも花持ちが良いので長く綺麗に楽しめるようです。


バラの香りには鎮静効果・安眠効果・美肌効果・更年期などの諸症状に効くらしいですが
その中でも生花で嗅ぐ香りが最も効果があるそうです。
どうりで花を愛でながらスーハースーハーするといい気持ちになるはずだ。
ただし、バラ園では農薬が結構使われているのでお子さんやお肌の弱い人は
花を顔に付けないように気をつけたほうがよいとのこと。
敏感肌の私は顔突っ込んでも平気でしたけど、念のため。


にほんブログ村 花ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by NecotaToran | 2014-10-31 16:18 | 四方山話

神奈川の東の小さな庭で育てる植物の観察日記


by NecotaToran
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る