春が来ましたね。ビオラもモリモリしてきました。

三月に入って花粉が容赦なく舞い始めた途端、
くしゃみ鼻水が止まらなくなりました。
ヨーグルトと甜茶で防衛策を取ってみたものの本気の花粉には太刀打ちできませんでした...。
それでも24時間のべつ幕無し流れていた去年とは違って、夜はぐっすり眠れるし
昼間も一度収まってしまえばしばらくは通常通りの呼吸が出来るので幾らかはマシなのかもしれません。



そんななのでで庭にいる時間も短くなってしまうのですが、
その間にビオラがどんどん咲き進んでいます。

e0331179_14373697.jpg
e0331179_14380890.jpg

晩秋に選んだビオラはその時の気分が現れて、つい色の濃いものを選んでしまいます。
でも春になるともっと軽い色を欲することを忘れてました。
重いウールのコートを脱ぎ捨て、木綿のシャツを着たい。そんな気分。
少しばかり後悔ですが、赤い方の花付きがものすごく良くて早めのピンチが成功したようです。



e0331179_14383736.jpg
それでいくとヘブンリーブルーは今の気分にピッタリ。
しかも冬の間もよく咲いてくれて、途切れることがない優秀な品種です。
それもNOピンチでこれですから育苗家さんが素晴らしいのか、この種の優秀さがうえなのか。




遅くに芽を出したこのビオラもポットから根が出てきたので鉢に植え替えてやりました。
花は咲いてないけど一番ワクワクする一鉢です。
e0331179_14391373.jpg



ビオラの花だけでなく、葉っぱも気温とともにグングン大きくなってまして
ヤグルマギクの地植えがビオラの株を飲み込もうとしています。
右の赤いポット(10cm)は同時期に多粒蒔きにしたヤグルマギクです。

e0331179_14385503.jpg

地植えにする際、3株を寄せて植えてあります。
去年は1株ずつ植えたのですがヒョロっと育って強風に煽られてしまったので
互いに助け合ってもらおうと3株植えにしたのですが、
逆に競い合って「俺が俺が!」とこんなに大きくなってしまったのでした。
(お浸しに出来るんじゃ?)と思うくらいの育ちの良さ。
確か去年ここに植えたネモフィラもお浸し候補に挙がってましたっけ。
この花壇チッソが効きすぎてるのかしら。

この白いビオラは葉の下にもぐって咲こうとするシャイな性質で
花付きは良くて葉も活き活きしててポテンシャルは高いのに、
ちっとも良さそうに見えないのが残念です。


にほんブログ村 花ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by NecotaToran | 2015-03-05 15:30 | ビオラ

神奈川の東の小さな庭で育てる植物の観察日記


by NecotaToran
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る